宿泊施設について

宿泊先を探す

認定機関のほとんどは、宿泊先の手配に力を貸してくれます。外国で住む場所を見つけるのは難しく、時間もかかるものです。English UKを通じて認定機関を選ぶことの利点は、ここにもあるといえるでしょう。

選択肢としては通常、レジデンシャル、ホームステイ、ホテル、ホステルなどがあります。

レジデンシャル

英国の外国人学生の多くは学生用の宿泊施設で暮らしています。それは、学生寮の場合もあれば、ハウスシェアや学生用アパートの場合もあります。通常、自分一人の部屋がもてますが、キッチンやバスルームは共有となります。プライバシーがもっと欲しい場合は、バスルーム付きの部屋をリクエストできる場合もあります。

このようなレジデンシャル形式には多くの利点があります。例えば、自由が保てること、キャンパスやスクールライフに近接していること、また他の外国人学生と友達になるのが容易なことなどです。

ただし、日常的につき合うのは、自分と同様に英語を母国語としない人たちということになります。これがうまくいく場合もありますが、英語や英国文化に浸ることを英国留学の目的としている人には、適していないといえるでしょう。

ホームステイ

ホームステイは、ある家族と一緒に暮らす形式です。自分一人の部屋をもらうか、またはもう一人の学生と部屋を共有します。

ホストファミリーとともに生活することは、英語のネイティブスピーカーを相手に英語を練習し、英国文化にも深く関わりたいと考える人にとっては、レジデンシャルよりも優れたオプションとなります。ホストの家族と日常生活をともにし、常に英語で話し、家族とともに食事をし、また英語を話す他の人々とも出会えるでしょう。

ホームステイを通じ、長く続く友情が生まれることもあります。

ホテルとホステル

ホテルやホステルを滞在先とすることも可能です。低料金の学生ホステルから5つ星のホテルまで、選択肢は幅広くあります。語学学校が、その地域の優れたオプションを推薦してくれるでしょう。