英国国内旅行

島国英国をめぐる

英国は小さな島国です。地方から地方へと旅行するのに長時間はかからず、交通機関も発達しています。各地に何があるのか、見て回る価値は多いにあります。

英国を個人で旅行するほか、ランゲージセンター、カレッジ、ユニバーシティが主催する小旅行に参加することもできます。多くの語学学校は英国内の名所への旅行や、地元エリアの観光を組織しています。こうしたアクティビティの費用は語学コースの費用に含まれている場合もあれば、参加費として小額を支払うこともあります。語学学校はいずれも、個人旅行の計画を快く手伝ってくれるでしょう。また、どこを旅行したらいいかについてもアドバイスをくれるでしょう。

大学やカレッジで学んでいる方ならば、ステューデント・ユニオン主催の一日旅行に参加するのもいいでしょう。学生サークルもまた、旅行の機会を提供しています。例えば、スポーツチームに参加すれば、別の町や都市を訪れる良いチャンスが得られるかもしれません。

ある場所を初めて訪れるさい、その地域にあるツーリスト・インフォメーション・センターに行けば、地図やホテルの手配を頼んだり、見どころを紹介してもらうことができます。

鉄道や車を使った旅

鉄道

英国は鉄道ネットワークが発達しており、大都市から小さな村にいたるまで、どんなところにも鉄道の駅があります。

乗車料金は購入する切符の種類により異なります。通常、事前購入すれば割引され、旅行の日にちや時間を予め特定した場合にも割引されます。切符は、www.thetrainline.com/でオンラインでも、またどの鉄道駅でも、事前購入することができます。

旅行をたくさんする計画であれば、ヤングパーソンズ・レイルカードを購入するとよいでしょう。カードは年間£20で、16歳から25歳の若者(および年齢に関わらずフルタイムの学生)なら、鉄道の乗車料金が安くなります。カードはどの鉄道駅でも、また www.youngpersons-railcard.co.uk/でオンラインでも、申し込むことができます。

コーチ

英国のほとんどの地域、またヨーロッパ各国の多くの地域へは、コーチ(長距離バス)で訪れることができます。通常、鉄道よりも時間はかかりますが、費用は安くあがります。鉄道旅行と同様、乗車券を事前に購入するとよいでしょう。

コーチには学生ディスカウントもあります。英国最大のコーチ会社であるナショナル・エクスプレスでは、16歳から26歳までとフルタイムの学生なら、「ヤングパーソンズ・コーチカード」が購入できます。www.nationalexpress.com/で、オンラインで申し込むか、または英国のほとんどの旅行会社で購入できます。またメガバス・ネットワークも英国内の40を超える都市を結んでおり、最低料金は£1、これに50pの予約手数料が加わります。ウェブサイトはこちらです。www.megabus.com

英国内で車またはオートバイを運転するには、有効な運転免許証を持ち、年齢17歳以上である必要があります(モペッドの運転の場合は16歳以上)。免許証について詳しくは、ドライバー・アンド・ビークル・エージェンシーのウェブサイト、www.dvla.gov.uk/をご覧下さい。

フレキシブルな旅や遠隔地への訪問、またグループ旅行をするなら、車を使うのが便利かもしれません。ほとんどの大都市や町では、レンタカーを借りることができます。

旅を安く楽しむには

さまざまなディスカウントカードや割引スキームを使えば、お金の節約に役立ちます。特に頻繁に旅行したい学生にとっては有益でしょう。また、国際学生証(ISIC)や国際青年証(IYTC)を持っていれば、英国や海外で旅費が節約できるほか、買い物や外食などでもディスカウントを受けられます。カードは、www.isiccard.com/ にてオンラインで申し込むことができます。

学生人口が多い町や都市の多くには、学生向けに安い旅行を手配する旅行代理店があります。学生用ディスカウントカードはここでも購入でき、また、学生向けの割引航空券も入手できます。詳しくはこちらをご覧下さいwww.statravel.co.uk

近隣周辺を見て回るには

周辺のあちこちを訪れるには、自転車が費用もかからず便利で、健康にもよいでしょう。また、都市を歩いて回るのもいい方法です。ほとんどの町や都市では、見どころの多くはいずれも歩いて行ける範囲にあります。

公共の交通機関を使うなら、町や都市の多くでは、一日周遊券や、三日間や一週間有効のトラベルカードを入手できます。これらは通常、毎回切符を買うよりも安くつき、市内ほとんどの公共交通機関を利用できるようになっています。

ヨーロッパ大陸諸国へ行くには

英国はヨーロッパの他の国々へも近く、旅行も安くて簡単です。飛行機またはチャネル・トンネルを利用した鉄道を使って訪れることができます。

ヨーロッパ大陸へ行くには、シェンゲン・ビザ(Schengen Visa)を入手すると良いでしょう。このビザ一つで、ヨーロッパ15カ国(オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、アイスランド、イタリア、ギリシア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、スペイン、スウェーデン)を訪れることができます。シェンゲン・ビザについて詳しくは、Schengen Visa のウェブサイトをご覧下さい。